トップページサイトマップ
リンク入会案内
工業会会報紹介 役員・会員のご紹介 工業会館ご利用案内 人材育成
top_img
<ご案内>
 わが国経済は、5年前の東北大震災やタイ洪水及び欧州経済リスクによる円高を経て、2012年暮れの安倍政権発足以降、いわゆるアベノミクスによる株価の高騰、為替の円安基調等、明るい動きも出てきておりますが、グローバル経済の今日、様々な不透明な要素もございます。
 特にモノづくり企業においては、サムスン電子やLGエレクトロニクスに代表される韓国企業勢が、いち早く取り組んだリバースエンジニアリング戦略で堅調な国際競争力を保ち、欧米企業はもちろん、新興国市場をも巻き込んだ国際競争がますます激しくなってきております。
 今後、モノづくり企業では、このような激しい国際競争に勝ち抜くため、より国際市場及び国内市場のニーズを的確に捉えた技術や製品開発に注力することはもちろん、わが国が得意とする「モノづくり革新力」(現場改善力+生産技術力+人材育成)を更に強化していかねばなりません。
 このような中、(公社)京都工業会・研究会事業は、昭和32年の工業会創立以来、基幹事業の1つとして、時代の変化に柔軟に対応しながら今日まで継続開催してまいりましたが、激動の時代に対応すべく、平成22年度から事業名も「業務革新研究会」へと一新し、従来の管理、改善ベースから、改革、革新ベースへとその内容を強化しております。
 つきましては、貴社におかれましても、当研究会事業にご参画いただき、IE、VE、QCなどの改善技法を実践形式で磨いていただくと共に、成果をあげるモノづくり企業の革新事例の見聞をとおし、そこに含まれる様々な英知を今一度、貴社の風土や商慣習に合わせたベンチマークとして構築いただき、更なる今後のご発展にご活用いただければ幸いに存じます。謹んでご案内申しあげます。
平成28年3月
       公益社団法人 京都工業会
技  術  ・ 教  育  委  員  会
開催要領はこちら
参加申込書はこちら
昨年度 参加企業名

各研究会のご紹介

   
◆品質革新研究会
【初期流動管理及び工程内品質対応による品質革新力(魅力品質造り)の強化】  
◆生産管理(TOC)研究会
【TOC制約条件理論による生産管理革新】
◆購買調達革新研究会
【購買調達革新によるコスト競争力の強化】
◆V E(開発・設計革新)研究会
【機能研究による付加価値<開発・設計・生産>の追求】
◆生産革新研究会:基礎IE部会
【IE手法による徹底したムダの排除】
◆生産革新研究会:JIT改善部会
【トヨタ生産方式の実践研究による生産革新力の強化】
◆生産革新研究会:TPM改善部会
【TPS(トヨタ生産方式)を支える、自主保全、個別改善による設備稼働率の向上】
◆生産現場リーダー力強化研究会
【監督者哲学、リーダーシップ養成の場】
公益社団法人 京都工業会
技 術 ・ 教 育 委 員 会


   ※参加申込書、参加企業・事業所名、各研究会の内容の閲覧・印刷には、
     Adobe社のAdobe Readerが必要です。