トップページサイトマップ
リンク入会案内
工業会会報紹介 役員・会員のご紹介 工業会館ご利用案内 人材育成
平成30年5月
  研究・開発関連部門長
    各      位
公益社団法人 京都工業会
 
 グローバル競争が加速化する今日、新たな事業革新の中心として、R&D部門の重要性がますます高まっております。
このような中、本会・R&D問題懇話会では、研究・開発に関する諸課題について、施設見学、討議、知識人との交流を通し、活発な活動を続けております。 つきましては、貴社におかれましても、今後のR&Dマネジメントのご参考にしていただければ幸いに存じます。


対  象 研究・開発関連部門長及び同位に準ずる管理職
目  的 ヒューマンネットワークを基幹とし、R&D戦略の深耕を図る
運  営 □R&D戦略関連の諸問題について意見・情報交換及び討議を行なう
□先進企業・施設訪問、ゲスト講演、知識人との交流等を行なう
□ 参加メンバーは固定とする (止むを得ない場合の代理出席者についても出来るだけ固定とする)

《メンバーの意見・希望を取り入れながら年度幹事と事務局が相談の上、計画・運営いたします。》
例 会 数 6回/年
年 会 費 《 税込み。 申込書受領後、請求書をご送付いたします。》
京都工業会・会員企業 65,000円/1名
(例会の内容によっては特別会費を頂戴することがあります。)
一   般   企   業
97,000円/1名
(例会の内容によっては特別会費を頂戴することがあります。)
申  込 下記、申込み用紙に必要事項ご記入の上、6月1日(金)までにFAX(075-313-0755)で、お申込みください。
【事務局】 公益社団法人 京都工業会   理事・事務局長 町田徳男、業務課長 宮田哲也
 (Tel)075-313-0751 (Fax)075-313-0755 (E-Mail) miyata@kyokogyo.or.jp
 
ご参考:昨年度(29年度)活動内容  抜  粋
 
<一泊視察>  
北海道訪問 ㈱日本製鋼所 室蘭製作所:グローバルニッチトップを目指した事業展開
トヨタ自動車北海道㈱:世界NO1のユニット工場を目指した経営
日生バイオ㈱北海道研究所:産学連携による有害物質除去フィルター等の開発
   
見 学 と 懇 談 トヨタ産業技術記念館・紹介「繊維機械から自動車技術への変遷」と施設内見学
トクラス㈱・紹介「グローバル生活ソリューション事業」と工場見学
シスメックス㈱アイスクエア・紹介「医療機器業界のR&D」と工場見学
   
講       演
「IoT、AI時代の技術動向とR&D実務への応用~R&Dから事業開発へ~」

㈱国際電気通信基礎技術研究所(ATR)事業開発室
担当部長 坂野寿和氏
 
 
「AIの技術とパラダイム」

京都大学 情報学研究科 教授 石田 亨氏
   
参 画 企 業 ㈱イシダ、オムロン㈱、尾池工業㈱、京都機械工具㈱、グンゼ㈱、サンコール㈱
シーシーエス㈱、㈱GSユアサ、㈱島津製作所、星和電機㈱、第一工業製薬㈱
TOWA㈱、ニチコン㈱、NISSHA㈱、㈱日進製作所、日新電機㈱、日東精工㈱
日本新薬㈱、福田金属箔粉工業㈱、㈱堀場製作所、三菱ロジスネクスト㈱、村田機械㈱
㈱村田製作所、ローム㈱


Yoteihyo


「R&D問題懇話会」申込用紙

    ※申込用紙の閲覧・印刷には、Adobe社のAdobe Readerが必要です。