~異業種の風土(手法、仕組み、ものの見方、考え方)に相互に触れ、現場力及び人間力の向上を図る~

人づくりの場 情報交換の場
人脈づくりの場 交流と刺激の場 
 
◆品質革新研究会
【企画、開発段階から最終検査までの品質の造りこみ(魅力品質造り)の強化】
◆生産管理(TOC)研究会
【TOC制約条件理論による生産管理革新】
◆購買調達革新研究会
【購買調達革新によるコスト競争力の強化】
◆VE(開発・設計革新)研究会
【機能研究による付加価値<開発・設計・生産>の追求】
◆IE(産業工学)研究会
【IE手法による徹底したムダの排除】
◆VSM(流れづくり)研究会
【モノと情報の流れづくりによる生産革新力の強化】
◆生産保全(TPM)研究会
【生産システムの効率を最大限に高める、自主保全・予知保全と品質保全体制づくり】
◆生産現場リーダー力強化研究会
【監督者哲学、リーダーシップ養成の場】

ご案内

現在、モノづくり企業においては、IoT、AI、ロボット、ビックデータ等をはじめとする第4次産業革命の時代とも言われ、ドイツの「Industry4.0」、「中国製造2025」等を各国が提唱をする中、日本でも「Society5.0」を提唱し、技術革新が加速化していき、ますます国際競争が激しくなってきております。
 
今後、モノづくり企業では、このような激しい環境の変化を背景にした国際競争に勝ち抜くため、より国際市場及び国内市場のニーズを的確に捉えた技術や製品開発に注力することはもちろん、わが国が得意とする「モノづくり革新力」(現場改善力・生産技術力・人材育成)を更に強化していかねばなりません。
 
また、昨今、「働き方改革」の推進もあり、イノベーションによる生産性向上も重要視されてきております。
このような中、(公社)京都工業会・研究会事業は、昭和32年の工業会創立以来、基幹事業の1つとして、時代の変化に柔軟に対応しながら今日まで継続開催してまいりましたが、激動の時代に対応すべく、平成22年度から事業名も「業務革新研究会」へと一新し、従来の管理、改善ベースから、改革、革新ベースへとその内容を強化しております。
 
つきましては、貴社におかれましても、当研究会事業にご参画いただき、IE、VE、QCなどの改善技法を講義をとおし、実践形式で磨いていただくと共に、成果をあげるモノづくり企業の革新事例の見聞をとおし、そこに含まれる様々な英知を今一度、貴社の風土に合わせたベンチマークとして構築いただき、更なる今後のご発展に活用いただければ幸いに存じます。謹んでご案内申しあげます。
 
2019年3月
公益社団法人 京都工業会
技術・教育委員会
開催概要

◇開催目的

各種手法やものの見方や考え方を磨き、業務革新を推進する人材の育成を図る。


◇ねらい

<A:基礎コース>→講義や討議、演習による業務革新能力の向上の場
<B:応用コース>→研究会OBや実務に精通した方々の実践研究の場
※研究会によっては、コース選択ございません


◇期間
2019年5月~2020年2月(計10会合) 
13:30~17:00 (但し、5~7月例会は、10:00~17:00)

◇定例日

研究会毎に設定(但し、メンバーのご都合により都度、柔軟に対応致します。)


◇運営の基本

①メンバーの目標や課題について、正副主査(その年度の登録メンバーより選出)を 中心に企画し、基本を踏まえた実践的な運営を図ります。 ②メンバー間のギブ&テイクや専任アドバイザーの助言、ゲスト講演、工場見学、 演習などを効果的に実施いたします。


◇参加のメリット

①実践的な内容により、一般のセミナーでは得られない幅広い視野と発想力を養うことができます。
②メンバー間やアドバイザー及びゲスト講師との人的ネットワークが構築できます。


◇活動形態(基本型)
【詳細の活動計画は、参加者のご希望を基に、研究会毎に企画いたします】

前 期 基本編(5月~9月)→参加目的や実務経験に応じた選択制を採用
□手法や考え方を基礎から学ぶ <A>コース(講義+相互事例紹介&見学)
□応用実務研究(展開&定着化) <B>コース(グループ討議・相互訪問→まとめ)

後 期 実務編(10月~2月)→コース毎の課題の掘り下げ(分科会活動)
専門テーマの絞込み(分科会編成)→課題毎の実践研究→まとめ(報告書作成)
※必要に応じ工場見学や現場改善実習、大会等を開催します
対象 管理技術関連部門のリーダー(主任、係長)及び若手社員
会場 京都経済センター 本会・会議室
(京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78 京都経済センター6F)
参加費 ◇年会費
研究会毎に1口 
京都工業会 会員企業 72,000円(税込) 
会員外 103,000円(税込)
(但し、1口につき2名の参加ができますので、極力2名ご登録願います)
申込方法 下記リンクの申込用紙に記載のうえ、FAX(075-353-0065)にて
 募集案内(Word)はこちら
 募集案内( PDF)はこちら
 申し込み用紙(Word)はこちら
 申し込み用紙( PDF)はこちら

または、申込フォームにてお申込みの場合は、備考欄に下記をご記入ください。
・参加研究会名
・選択コース
・各参加者の直属上司のご氏名、所属お役職、E-Mailアドレス

 
申し込み期限 2019/04/22(月)
お問い合わせ先 お問い合わせ先:(公社)京都工業会 業務課長 宮田哲也、業務課 小嶋大樹(TEL 075-353-0061)
(注)「キャリア形成促進助成金」の対象の有無は、お近くの都道府県労働局へお問い合わせ願います。



 

申込フォーム

■ 申込者
会社名必須
部署・役職必須
ご担当者氏名必須
ご担当者カナ必須
郵便番号必須
-
都道府県必須
住所必須

建物名等
電話番号必須
FAX番号必須
メールアドレス必須
備考任意
■ 参加者
1人目
必須 部署・役職:
必須 氏名:
必須 フリガナ:
必須 電話番号:
必須 FAX番号:
必須 Eメール:
2人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
3人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
4人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
5人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
6人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
7人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
8人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
9人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
10人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
11人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
12人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
13人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
14人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
15人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
16人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
17人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
18人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
19人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
20人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
21人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
22人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
23人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
24人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
25人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
26人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
27人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
28人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
29人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
30人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール: