トップページサイトマップ
リンク入会案内
工業会会報紹介 役員・会員のご紹介 工業会館ご利用案内 人材育成
平成29年3月
  知的財産権関連部門 御中
公益社団法人京都工業会
技 術 ・  教 育 委 員 会

知的財産権研究会
 
 各企業の成長の為に知的財産管理や知的財産戦略の強化が重要視されている中、自社の業務推進力を高めるためには、時流に即して対応することが大変重要となってきます。
 本研究会は、知的財産担当者の研鑽や会員相互のネットワークを広げて頂くため、平成29年度活動を下記によりスタート致します。今年度は会員様のお声により、特許庁への見学及び例年大阪地方裁判所にて開催しております裁判傍聴を、「知的財産高等裁判所(東京)」で開催する予定にしております。その他にも、昨年度よりさらに内容を充実し皆様のご希望を反映しながら運営していきます。貴社の一層効果的な知的財産活用を進めるために、奮ってご参加を頂きますようご案内申しあげます。

目    的
知財スタッフとしての業務推進力の向上、及びヒューマンネットワークの構築
対 象  者
知的財産権関連部門の中堅実務者、及びその候補
期    間
平成29年5月18日(木)~平成30年2月(計10回) 原則として第3木曜日13:30~17:00開催
会    場
京都工業会館 (京都市右京区西京極豆田町2※阪急西京極駅より徒歩約7分、無料駐車場あり) ほか
運    営
①参加者様の課題や目標について、代表幹事を中心に企画し、参加者様の意見を基に柔軟に
   運営を図ります。
②次の活動手法を用いて知財感覚を磨き、効果的に実力Upを目指します。
   ◇ゲスト講演 ◇企業見学 ◇判例研究 ◇裁判・口頭心理傍聴 ◇ディスカッションなど
参加のメリット
①特許権等の関心が高い領域の課題や、実務上の悩みなどについて、基本を踏まえた
  実践的な運営により参加者様に普段の業務では得られない実力を付けて頂きます。
②経験豊富な実務者様との情報交換等により、一般のセミナーや社内のみでは得がたい
  幅広い視野や考え方を養え、御社内での問題解決の糸口を得ることができます。
専任アドバイザー
NSI国際特許事務所 所長 弁理士 清水尚人氏
年  会  費
京都工業会・会員企業72,000円、会員外企業103,000円/1口(税込)
(1口で2名まで登録可能です。尚、例会の内容によっては特別会費を頂戴することがあります。 )
お 申 込 み
添付申込書に必要事項をご記入の上、4月28日(金)までにFAXにて下記事務局へお申込みください。
(お申込み受付後、申込担当者様に請求書・振込用紙をお送りいたします。)
事  務  局
公益社団法人 京都工業会 業務課 森口悠希  〒615-0801 京都市右京区西京極豆田町2
(TEL)075-313-0751 (FAX)075-313-0755  
※「キャリア形成促進助成金」の対象の有無は、雇用促進機構(075-681-5350)へお問い合わせ下さい。
 
《昨年度の活動内容》(ご参考)
 
 
《今年度の方向性》
 
【昨年度参加者のお声】
  • この一年間、知的財産研究会に参加させて頂き非常に勉強になりました。特に、他社の実務例などを伺うことができ参考になりました。
  • 他の企業の方の知財に対する取組みを知る事ができただけでなく、悩みに対するアドバイスをもらう事もでき、大変有意義な会に参加することができたと思います。
  • 初めて参加する継続研修でしたが、研修時間外でも雑談したり、その中から得られる情報もたくさんあったり…得るものが多い一年でした。
  • 自社での知財活動だけでは知ることが出来ない様々な知識を取得する場になっています。また、普段聞くことのできない他社の知財活動への取り組みが分かったり、自社で発生した事象を他社ではどのように対応しているか相談したりと、とても有意義な場になっていると思います。
  • 初めは非常に不安でしたが、振り返ってみると非常に有意義な時間を過ごさせて頂いたと思います。参加されている会社の中には、弊社と似たようなレベルの会社から非常に知財部門が発達した会社まで様々な会社がありましたが、まったく同じ会社は無いので、常に新しい発見がありました。弊社は知財担当者が非常に少なく、事務的な業務しかしてこなかった会社ですので、こういった他社のお話=自分以外の知財業務を行う方の話を伺える場は貴重でした。
  • 口頭審理など当事者にならなければなかなか経験できないことを体験できて、とても有意義でした。



「知的財産権研究会」申込用紙

    ※前年の内容ならびに申込用紙の閲覧・印刷には、Adobe社のAdobe Readerが必要です。