1.オープンイノベーション・ネットワーク

産学公連携フォーラム実行委員会を母体した大学側担当者と支援機関の担当者と京都工業会を構成メンバーとして、オープンイノベーションを推進するネットワーク組織を構築し、企業と大学、支援機関が日常的にコンタクトできる運用を行なうことにより、シーズ/ニーズのマッチングから製品化支援までをサポートするシステムづくりを行います。

詳しくはこちら

2.分野別開発技術者のデータベースの構築と運用

技術テーマ毎に開発に携わっている企業の担当者を事前登録した分野別開発技術者のデータベースを構築。オープンイノベーションネットワークを活用し、大学が持つ技術情報を企業の各担当者に効果的に提供する仕組みづくりを行います。

3.行政や試験研究機関との連携

行政や試験研究機関等と連携を強め、特に中小企業に対して製品化等の支援を行う体制を整備します。

4.産学連携マッチング交流会

各大学と連携して大学の最新シーズの発表会や研究室訪問の場を提供し、産学の連携を深めます。

詳しくはこちら

「2019年版ものづくり白書説明会」開催