開催概要 【目的】
VE(開発・設計革新)研究会では、製品や部材のコストダウンに最も有効な管理技術の一つであるVE(Value Engineering)について実践研究を行ないます。
原価の75~80%は開発・設計段階で決定されるとされており、この段階で顧客の求める性能やデザイン等を効率的に達成する方法を検討して実現されるかが、極めて重要です。
そこで、機能的にアプローチして大きな成果を狙うVEを開発・設計段階に適用する具体的方法をケーススタディ等を通して実践し、参加各社の付加価値製品や高機能部品、部材にVEを適用していただく方法を研究いたします。

【ねらい】
基本事項を踏まえた業務改善能力の向上

【研究項目(案)】
◇簡易演習によるVE活動の実施手順の研究(機能定義→機能評価→改善案作成)
◇開発設計プロセス(構想設計―基本設計―詳細設計)におけるVE活用の研究
◇開発設計プロセスにおけるQFD(品質機能展開)、DR(設計審査)、テアダウンの研究
◇参加メンバー企業の事例を用いた開発、設計段階のVE実践研究(付加価値向上)
◇先端事例(現地法人におけるVE)に学ぶVE実践&リーダー育成方法の研究(組織化・教育研修方法)

【定例日】
毎月 第2木曜日


<6月例会以降の方向性>
開催月 テーマ、内容、ゲストなど
6月 アドバイザーの講義「VE活動の進め方」と対象品による演習①
7月 アドバイザーの講義「VE活動の進め方」と対象品による演習②

【昨年度活動の概要】<ご参考>
構成 会社数 13社 参加人数 27名
基本方針 開発プロセスにおけるVE活用の研究
工数を含めた価値改善の手法を勉強し実務に役立てる
基礎的な知識の習得
活動内容(前期) 【講義】
「VE実施手順」「アイデア発想」「コスト評価」

【演習】
リムーバー(ホッチキスの芯抜き)を用いた演習により、VE実施手順及び実施ポイントの理解を深めた。

【工場見学】
三菱電機㈱ 三田製作所「原価企画・VE風土の改革に向けた取組み」
(後期) 【VE実践演習】<提供企業:コフロック㈱、三菱ロジスネクスト㈱>
前期で演習したVE実施手順による実践活動を展開し、新たにメンバー企業からいただいた製品、部材にて、VE改善提案としてまとめた。

VE京滋セミナーを聴講 ~様々な外部企業のVE事例に学んだ~
「可動式ホーム柵設備工事費の削減」
西日本旅客鉄道㈱ 近畿統括本部 施設課 河合陽平氏

「購買部門におけるVE活動展開への取組み」
三菱電機トレーディング㈱ 経営企画部 主幹 伊藤英也氏

「WAVE法を活用した小集団活動の事例
~確定申告の相談を受ける業務時間を30%短縮する~」
府中商工会議所 企画支援チーム 主任 日山博美氏
(独)中小企業基盤整備機構 中国本部 経営実務支援アドバイザー 永久利夫氏

「本社スタッフ部門の働き方改革への取組み」
積水化学工業㈱ 経営戦略部 環境経営グループ 担当部長 楠本幸治氏

「革新的な変化を生み出す質問力」
(有)しつもん経営研究所 代表取締役 河田真誠氏

【活動成果報告】
講義や演習を通し学んだVEの基本的な考え方や企業訪問による事例研究、対象品を用いた実践研究及び外部セミナー聴講から得たVEの活用方法等を報告書にまとめ、参加者の上司を招いて報告会を行った。
アドバイザー バリューアップ研究所 代表 谷 彰三氏

<昨年度参加者の声>
○競争力のある商品開発を進めていくためには、企画/設計段階からのVE活用は非常に有効な手段だと思った。
○講義・演習、工場見学、セミナーの参加でVEの様々な適用を知れた。
開催日程
2019/06/13(木) 10:00 ~ 17:00
対象 開発、設計部門の実務担当者及び開発設計マネージャー
会場 京都経済センター6階 京都工業会内 会議室 他
講師 【アドバイザー】
バリューアップ研究所 代表 谷 彰三氏(元 シャープ㈱参事)

シャープ㈱資材本部にて取引先改善指導に従事後、経理本部にて全社VE活動実践指導、グローバルVE活動統括、原価企画・原価統括業務に貢献。(公社)日本VE協会「普及功労賞」、(公社)日本経営工学会「経営工学実践賞」を受賞。現在は、コンサルタントとして活躍中。
参加費 工業会会員企業  72,000円(税込)/人
会  員  外 103,000円(税込)/人
(単価当たり2名の登録ができます)
申し込み期限 2019/06/06(木)
お問い合わせ先 (公社)京都工業会 業務課長 宮田哲也 業務課 主任 小嶋大樹
(TEL)075-353-0061 (FAX)075-353-0065

開催日程・内容

■ 2019/06/13(木) 10:00 ~ 17:00
【6月例会案内】
□講義・演習
 演習「対象品による演習」
 

申込フォーム

■ 申込者
会社名必須
部署・役職必須
ご担当者氏名必須
ご担当者カナ必須
郵便番号必須
-
都道府県必須
住所必須

建物名等
電話番号必須
FAX番号必須
メールアドレス必須
備考任意
■ 参加者
1人目
必須 部署・役職:
必須 氏名:
必須 フリガナ:
必須 電話番号:
必須 FAX番号:
必須 Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
2人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
3人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
4人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
5人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
6人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
7人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
8人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
9人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
10人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
11人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
12人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
13人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
14人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
15人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
16人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
17人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
18人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
19人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
20人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
21人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
22人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
23人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
24人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
25人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
26人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
27人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
28人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
29人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職:
30人目
部署・役職:
氏名:
フリガナ:
電話番号:
FAX番号:
Eメール:
直属上司 氏名:

直属上司 所属・役職: