趣旨

資源が少ないわが国にとって、物質面だけでなく精神的にも豊かな生活を営むためには、21世紀においても科学技術の役割は一層重要性を増していると言っても過言ではありません。
ところが、青少年に夢を与えた科学技術は魔法の杖ではなく、使い方によれば大きな危険性を持っていることや、技術の高度化に伴うブラックボックス化の進展、感動的な自然との出会いの減少の中で魅力を失いつつあります。
こうした青少年の科学技術離れは、次代を切り開く潜在能力を著しく阻害することになりかねません。
とりわけわが国には、独創的技術開発面での国際貢献が求められ、ここ京都においても、関西文化学術研究都市づくりが進められていることを考えると、青少年が科学技術に興味をもち、各自の独創性を伸ばし、科学技術と真摯な対面をすることで将来、科学技術の発展に参加していこうという人材として育つよう、支援していくことが求められています。
こうした青少年の育成のためには、産業界としても積極的に協力すべきとの考えから、平成8年7月に(社)京都工業会・(社)京都経済同友会・(社)京都発明協会が中心となり、「青少年と科学の会」を設立いたしました。

主な事業

  • 企業と青少年との交流に係わる情報面の支援
  • 青少年に対する研究所、工場等の開放
  • 科学技術に対する興味や創造性開発に関する各種イベント開催
  • 学校教育現場に対する支援、学校教育担当者との交流
  • その他、本会の目的を達成するために必要な事業

事業内容

「京のエジソンプログラム」

(乙訓教育局と共催)年間を通じ随時、ものづくりや科学の現場を身近に体験する「体験学習」や、地元企業の皆さんが学校に出向き、わかりやすくユニークな授業を行なう「出前授業」等を実施します。

②「青少年のための科学の祭典」(京都大会・実行委員会ほかと共催)

毎年11月初旬の土・日、藤森・京都市青少年科学センターで開催

役員

世話人若干名(内代表世話人1名、代表代理1名)
[現・代表世話人は、京都工業会・中本会長が務めています]
会計監事2名、顧問若干名

入会案内

入会条件

本会の趣旨に賛成する企業、研究機関、団体等
(但し、入会時には、世話人会での承認が必要)

申込先

公益社団法人京都工業会内「青少年と科学の会」事務局
TEL. (075) 353-0061 Fax. (075) 353-0065

会費

年会費10,000円(入会金は不要)

青少年と化学の会 会員企業・団体
「2019年版ものづくり白書説明会」開催